ブラックリストに載っている人でもカードローンを利用できるの?


「ブラックリスト」という言葉を聞いたことが一度はあるはずです。でも、実際にそんなものは存在するのでしょうか?実はブラックリストと呼ばれるものはないと言われています。信用情報機関であるCICが「ブラックリストという名のリストはありません」と公式に回答しているのです。しかし、実際にはブラックリストのようなものはあります。ブラックリストに載ってしまった人のカードローン・キャッシングの利用について考えてみましょう。



ブラックリストに載る人はどんな人?


ブラックリストに載ってしまう人にはある共通点があります。それは過去に金銭問題を起こしている方です。消費者金融等でお金を借りたのに長期間返済をしなかった、返済ができなかっただけでなく最終的に債務整理や自己破産をしてしまったという方は、いわゆる“ブラックリスト”に載ってしまっている可能性が非常に高いと言えるでしょう。





ブラックリストに載っていない可能性も


ある日突然、融資を断られるようになってしまった、という経験はあるでしょうか?こういった経験をすると「ブラックリストに載ってしまった」と考えがちなのですが、実際にはそうではない場合もあります。ある会社は融資ができないと判断しただけで、他なら融資をしてくれる、といった可能性は十分にあります。なので、一度融資を拒否されただけでブラックリストに載ってしまったと考えるのは早いです。





ブラックリストの可能性が高い場合の対策


借りられる自信がない場合は借入金額を低く設定してみましょう


では、ブラックリストに載っている可能性が高い場合にはどうすればいいのでしょう?先述したようにブラックリストというものは正確にはありません。実績が“ブラックに限りなく近い”という意味ですから、お金を借りるための対策として、借入金額を低めに設定してみましょう。実績が低いと返済能力が高くないと判断されますので、借入金額を低くすることで融資してくれる可能性が出てきます。





実績がないのなら態度で示すべし


ブラックリストに載っているかもしれないし、そもそもこれまでの利用実績がないから融資は難しそうだと思う場合は、まずは態度で示すべきです。利用者の中には「なんでこれぐらいのお金も貸せないんだ!!」といった横柄な態度をとってしまう方がいます。横柄な態度をとられてしまうと貸し手側は今後もお付き合いしていくことは難しいと判断してしまうため、ブラックリストに載っていなくてもお金を借りられなくなってしまうことがあります。


実績がないなら誠意ある対応を心がけましょう


過去にクレカ等で利用実績が築けていない方はまずは誠意を見せることが大事だと言われています。なぜお金を借りる必要があるのか、どのような用途で借りるのか、をしっかりと説明できることが大事です。まっとうな理由があれば融資してくれる可能性は出てきます。





ブラックリストは7年を目安としている?!


何度も言っているように明確なブラックリストというものは存在はしないのですが、債務整理や自己破産といった誰が見ても明らかに信用情報を傷つけてしまっている場合には、ある程度の期間、借り入れをすることが難しくなっています。ある程度の期間とはどれぐらいなのでしょうか?一般的には「7年」と言われています。もし、過去に債務整理や自己破産をしている場合でも7年の歳月が経過していればまた融資を受けられる可能性があるということを覚えておくといいでしょう。もちろん、融資を受ける場合は計画的に返済できるように借り入れなければなりません。