キャッシングを使っても家族or会社にバレない方法があるって本当?


キャッシングの利用を考えている方で周囲にバレるのが心配な方は多いです。バレない方法があるのかと問われれば、あると答えられます!というか、バレないようにすればいいのです。キャッシング利用をバレない方法をまとめてみました。



契約はインターネットから行う


契約はPCやスマホから行うと時間短縮になる


まずポイントになるのが契約方法です。申込書類等を郵送にしてしまうと自宅に契約書類等が届いてしまうため、契約はインターネット経由で行うようにしましょう。パソコンはもちろんのこと、スマホでも契約できます。必要事項を記入するだけで申込できるところが多いので、バレたくない方以外もインターネットから申込することをおすすめします。





キャッシングカードは自分で受け取る


キャッシングを利用するには必ずキャッシングカードが必要になります。カードは必ず受け取りが必要なため、ご自分で受け取るようにしましょう。郵送で受け取ると家族にバレる可能性があるため、店舗または無人契約機でキャッシングカード受け取るのがおすすめです。無人契約機ですとあらゆる場所に設置されています。「プロミス」や「アイフル」、「アコム」といった大手消費者金融は利用者がとても多いため、街中に多くの無人契約機を設置していますので、かなり利便性が上がってきています。各社でATM・CD検索ができるので利用しましょう。





利用明細を自分で受け取るようにする


郵便物で家族にバレる可能性は極めて低いです


キャッシングを利用すると利用明細書が郵送されてきます。多くの消費者金融はサービス名とは違う差出人名を使って郵送してきます。例えば、「アイフル」は“AIセンター”という差出人名で送ってきますので、一見、どこから来たものなのかはわからなくなっています。その他も「キャッシング」や「ローン」といった言葉を使わない場合が多いですので、郵送物の外観で家族にバレる心配はほとんどないでしょう。


本人宛のものを家族であろうが本人以外が開けてしまうのは大きな問題ですから、本人宛以外のものは開けないようにするというルールを家族間で作るなどして、中身も見られないようにしましょう。


それでも不安という場合は、利用明細書を確実に自分で受け取れるようにすることも大事です。大抵、郵送されてくる日は決まってきますので、初めて郵送されてきた日を覚えておき、確実に自分で受け取れるようにしましょう。





自宅に電話はほとんどかかってこない


契約時には自宅の電話番号を入力・記入する欄がありますが、よほどの理由がない限り、自宅には電話はかかってきません。よほどの理由とは記入漏れです。契約書を郵送する場合にこういったミスは起きがちなので、記入漏れ・ミスを起こさないためには、記入漏れ・ミスを自動で検知してくれるインターネットから申し込むのが最善の方法です。契約の確認等で電話がかかってくることはしばしばありますが、連絡先を携帯電話で登録しておけば自宅にかかってくることも避けられます。





会社への在籍確認は必ずあります


会社への在籍確認の電話は必ずあるが細かい内容までは知らされない


家族にもバレたくないけど会社にはもっとバレたくないと考えている方は多いです。結論からいえば、会社への在籍確認は必ずあります。審査の段階であなたの属性を調査するために勤務先への在籍確認が必要になってきます。ただ、消費者金融の場合は社名は名乗らず、担当名を名乗ることが多く、銀行の場合は銀行名を名乗りますので、キャッシングやカードローンを利用することは悟られにくいです。基本的には“会社に在籍しているのかどうか”を確認するだけなので、執拗に要件を聞かれたとしても詳細に答えることは少ないです。会社側がかけ直す可能性も否定できませんが、多くの消費者金融は非通知で在籍確認を行うと言われています。