即日発行してほしいけどカードローンは土日祝日も発行してるの?


「お金を借りたいけどすぐに借りられないと困る」といった相談は非常に多いです。お金が必要になるのは突然になることが多いですから、そういった相談が多いのも無理はありません。本来であれば、家族などご自身の周りからお金を借りられるといいのですが、金額の問題もあったりしてそうも言っていられません。カードローンの魅力の一つに「即日発行」という点があります。即日カードを受け取れるということですが、土日祝日でもカードは受け取れるのでしょうか?



土日祝日可能なカードローンサービスを選ぶ


土日祝日にカードローンが利用できるか、の答えは「はい」です。ただ、すべてのカードローン・キャッシングサービスが土日祝日の即日発行に対応しているかといえばそうではありません。


土日祝日でも即日発行してくれるサービスは限られています。例えば、「プロミス」は最短30分で審査に通ることが魅力としてよく語られますが、土日祝日の即日発行にも対応しているので急にお金が必要になってしまったときでも利用することができます。24時間申し込みOKとなっていますので、自宅のインターネットですぐに申し込みすることができます。


アコム」も候補の一つです。アコムだと土日祝日の即日発行が可能で、楽天銀行を口座登録しておけば土日でも振込反映可能なので、即日融資も実現しています。





会社が土日祝日に休みの場合は注意が必要!


土日祝日に会社が休みだと在籍確認がとれず即日発行できないケースがある


土日祝日に即日発行してくれるカードローン・キャッシングサービスがあるのは非常に嬉しいことなのですが、注意しなければならないのが「在籍確認」です。在籍確認とは会社に所属している方が本当に所属しているのかどうかを電話で確認することです。審査申し込みの段階で会社に在籍確認の電話がいきますので、土日祝日に会社が休みである場合は在籍確認が休日明けになってしまうため、土日祝日の即日発行・融資を受けられなくなってしまう可能性があります。この点だけは注意しておきましょう。





本人確認書類の住所が一致しているのがベスト


本人確認書類の住所が現住所と一致していないと即日発行できないケースがある


もう一点注意したいのは本人確認書類の住所です。運転免許証および健康保険証の住所が一致していない場合には住所証明書類(光熱費の支払証明書など)が必要になってしまい、急に用意できない場合は即日発行ができなくなる可能性があります。カードローン利用時以外でも、本人確認書類の住所が一致していないと不都合なことが多いはずですから、お時間のあるときに本人確認書類の住所を現在の住所と一致させておくようにしましょう。ただ、住所証明書類は直近2ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票、納税証明書などでも代用することはできるので、もしお手元にある場合は住所の変更は後でも構いません。