カードローンは専業主婦でも利用できるから、学生でも利用できるのは本当?


学生でカードローンの利用を考える方は実は少なくないです。しかし、カードローン・キャッシングの多くは「満20歳以上」を審査の対象としています。


では、20歳にならないとカードローン・キャッシングは利用できないのでしょうか。


例えば、学生で学費を支払うためにある程度のお金が必要になるけどすぐには用意できない、なんてことになるかもしれません。「収入がほとんどない専業主婦でもカードローンは利用できるぐらいだから、困ったときは学生でも利用できるのでは?」という声も出てくるでしょう。


先述したようにカードローン・キャッシングの“多くは”満20歳以上を審査の対象にしています。ここで注目なのは“多くは”という点です。


実はカードローン・キャッシングには「学生ローン」というものがあります。これは大学生や短大生、専門学生を対象としている18歳以上を対象とした学生ローンです。これなら18歳の学生でも利用できます。


大学生・短大生・専門学生は学生ローンの対象となります


基本的には学費の支払いに使ってもらいたいのですが、引越しの際に必要になるなんて場合もあるでしょう。そういった場合には学生を利用対象とした学生ローンが役立つのです。


学費を支払うためのローンとして「学資ローン」「奨学ローン」が用意されていますが、これらは基本的に直接的に教育機関にお金が渡ることになりますので、学費等の支払いにしか使うことができません。用途が決められているのです。


大声では言いたくないですが、学生ローンを生活費に使っている方も少なからずいます。それでも学生である身分、収入は多くは見込めないですから、借りるにしても数万円程度に抑えるなどして計画性を持つことが大事です。


また、親権者からの同意が必要になりますので、親バレを避けることは難しいです。


どうしても親バレしたくないのであれば、クレジットカードを作ることをおすすめします。例えば、「三井住友VISAデビュープラスカード(学生)」なら金利18.0%で5万円を限度にキャッシングを利用できます。


カード作成時には親権者の同意が必要ですが、建前としてはクレジットカードを作るということになるので親権者も反対しにくいでしょう。今の時代、ネット通販等でクレジットカードは必須になってきていますので、反対する理由も見当たりません。